#author("2024-01-20T08:26:39+09:00","","")
#author("2024-01-21T06:36:09+09:00","","")
*百目(ひゃくめ)   [#af2eb148]

&attachref(百目 - イベント1.png,,50%,イベント1); &attachref(百目 - イベント2.png,,50%,イベント2);


*基本情報 [#ic42e737]
**基本情報 [#ic42e737]
百目は身体に無数の目がある大きなな妖怪。
この妖怪もガシャドクロ同様、「百目」として確立したのは水木しげる氏によるものであるとされる。
またこの水木氏による百目は以下に記載のものを参考にしたのではないかとされる。
 ・明治初期の御雇外国人クルト・ネットー、ゴットフリード・ワグネル共著の「日本のユーモア」にある「百の目をもつもの」
 ・同時代に書かれた肉筆画稿「百々眼鬼(どどめき)」

本作においては実在のジョン・ディーがエドワード・ケリーとともに水晶球透視者として活動していたことから「目」を特徴として持つ妖怪として採用したのかもしれない。
しかしその姿や能力は水木氏の百目と「たくさんの目」という点は共通しているものの巨大な口を付けたり、触手の先に目を付けて、その目からビームを発射させるなどかなり異なる。
本作の百目と姿が似ているモンスターとしては以下のものがある。
 ・ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の発売するTRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に登場する「ビホルダー」
 ・その「ビホルダー」をオマージュ(雑誌掲載時は「ビホルダー」をそのまま使用)し手足をはやした、萩原一至氏の漫画「BASTARD!! -暗黒の破壊神-」に登場する「鈴木土下座ェ門」
&br;
 下記表のミッション名の後に(○)があるものは対戦動画が該当ミッションページに掲載されている。

|~種類|~出現場所|~固有ドロップ|~弱点|~耐性|~備考|
|妖怪|[[女王の目(○)>ステージ攻略/近江篇/女王の目]]&br;[[百鬼夜行(○)>ステージ攻略/近江篇/百鬼夜行]]|[[製法書:「童子切安綱」>データ/製法書#t6ffc66d]]((&color(#ffffff){製法書:「童子切安綱」は[[&color(#66ffff){百鬼夜行};>ステージ攻略/近江篇/百鬼夜行]]限定?};))|なし|混沌やられ・毒・麻痺||
&br;

**戦略的攻略 [#i4746382]
-百目戦においては二度目の目の召喚をどう乗り切るかだけが焦点といえる。
一度目は座り込んで動かないので召喚された目にだけ注意していればよいのでそれほど難しくもない。
召喚された目から放たれる光線に翻弄されそうだがこの光線はガード可能なので慌てず処理すれば問題ない。
では二度目の召喚をどう乗り切るかだが、以下の3通りが有効。

 1. 一度目の償還時に一つだけ残して本体を攻撃する。
 2. 体力を2/5程まで削ったら二度目の目玉の召喚前に攻撃力を底上げして一気に残りを削りきる。
 3. 広範囲を攻撃できる武器(槍など)と守護霊技(朱雀など)で押し切る。

-''事前に用意しておくと役に立つもの''
--陰陽術:「[[克金符>データ/スキル/陰陽スキル/符術・克金符]]」「[[修羅符>データ/スキル/陰陽スキル/符術・修羅符]]」「[[召○符>データ/スキル/陰陽スキル/符術・召火符]]」など
--守護霊:攻撃量増加効果の高いもの
--広範囲を攻撃できる武器
--九十九を使用するならアムリタゲージ回復用の霊石や「[[護霊招来符>データ/スキル/陰陽スキル/符術・護霊招来符]]」や「[[寸刻九十九のお札>データ/アイテム/各種攻撃アイテム#i9165e59]]」などがあると良い。
**戦術的攻略 [#ad927c67]
''<基本的な立ち回り>''
-攻撃が通りやすく隙が大きいので、基本的に密着して背後を取りながら数発攻撃を入れる。
体力を1/3ほど削るとヒップドロップをして座り込み大量の目玉を召喚する。
この目玉は一定間隔でレーザー光線を照射し、本体の体力を回復("女王の目"のみ)させる。
レーザー光線はガード可能だが高難易度では全攻撃に遅鈍効果がつくので"サムライの道"以外は回避すること。
この目玉の召喚は難易度を問わず、百目の体力が35~40%及び70~80%に減った時に発動する(高難易度では、開幕時にもしくてる)。
この目玉の処理ついては上述の"戦略的攻略"に記載した3通り方法のうちいずれかで対処すれば楽。

-おそらく、百目の複数ある目の内、一つだけ弱点の目が存在する。
弱点の目に攻撃がヒットした場合に、妖怪ボスであるが怯みモーションをする。
そのため、当たり所が悪いと九十九武器開放モーションの攻撃判定でも怯ませることができない。
どの目が弱点であるかは未検証。

***攻撃パターン [#k1cd8f6f]
-''杖による殴りつけ''
右手に持った杖で殴りつけてくる単純な攻撃。
動作も緩慢でステップですれ違い簡単に背後を取ることができる。
近距離正面で使用し、背後を取った際は振り向きに殴りつけてくる。

-''飛び掛かりからの杖による殴りつけ''
主に遠距離かつ正面に位置取りするとしてくる攻撃で意外と速いので注意。

-''光線による薙ぎ払い''
前方にいると使用してくる。
触手の先から交差させるように放つレーザーによる薙ぎ払い。
ガードは可能だが2本は恐らく受けきれない。
ガード体制からの回避時に保険的に一瞬防げる程度だと思っている方がよい。

-''触手攻撃''
背後を取っていると使ってくる。
両横から挟み込むように薙ぎ払い、次いで頭上から2本の触手で叩き付けてくる。
攻撃範囲が広いので十分な距離を取れないなら逆に背中に張り付くと当たらない。
ただし、念のためガード体制をとっておくと安心。

-''赤色光弾''
自身の前方に4つの赤い光弾を発生させて槍上に放つ技。
一斉に放つ場合と順次放つ場合がある。
全弾をガードすると一気に気力を削られるので赤い光弾が浮かんだら横へダッシュして回避するようにすればよい。

-''ヒップドロップ → 目玉の召喚''
目玉を召喚する際にその場で尻餅をつく。
自分の周囲の狭い範囲360°に低威力だがガード不能の攻撃を行ない、多数の目玉を召喚する。
召喚された目は一定間隔でレーザを放ってくる。
ガードは可能なので"サムライの道"では有効な防御手段。(高難度は回避推奨)
尚、この目玉は"女王の目"限定で本体の回復能力を備えている。
対処法は上述の"戦略的攻略"によるいずれかの方法で行なうことをおススメする。
ちなみにこの目玉は出現した場所から少しずつプレイヤーに近づいてくるので一つだけ残して本体を攻撃する時は目玉の位置に注意すること。

**武器評価 [#hb310c8c]
当wikiでは武器の評価の機能を導入しています。▼の項目をクリックで展開し、各武器の★のアイコンをクリックすると評価できます。
百目との戦いで使いやすい武器・使いにくい武器がありましたら、評価をお願いします。

#divregion(''近接武器'')
-刀
#raty([3,5,5,1,3,5])
-二刀
#raty([3,4,4,1,3])
-槍
#raty([3,5,4,1,5,5,5,4,4])
-斧
#raty([3,2,5])
-鎖鎌
#raty([3,5,5])
-大太刀
#raty([3])
-旋棍
#raty([3])
#enddivregion

#divregion(''遠距離武器'')
-弓
#raty([3,2])
-銃
#raty([3,2])
-大筒
#raty([3,2])
#enddivregion
*コメント [#dbe5cbf1]
#pcomment(reply)



このエントリーをはてなブックマークに追加