編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2019-11-15 (金) 18:19:27
トップページ / FAQ / 小ネタ・小技

小ネタ・小技 Edit

小技 Edit

アムリタゲージについて Edit

アムリタを取得することで九十九武器を使うためのアムリタゲージが溜まりますが、このアムリタゲージは霊石系のアイテムでアムリタを入手した時にも取得できます。
ボスの前で後少しでアムリタゲージが溜まる状態の時などに活用しましょう。

ハシゴは急いで登れる Edit

ハシゴを上っている最中は×ボタンを押し続ける事で通常よりも早く上る事ができます。
また、下る時も同様に早く降りることができます。
なお、下る時はスティク操作なしで×ボタンだけでも下れます。

落下攻撃・落下ダメージ Edit

高い所から落ちる時に攻撃ボタンを押すことで落下攻撃が可能です。
範囲が割と広いですが外すと大きな隙を見せる事になるのでよく狙いましょう
また、高所から落ちると高さに応じて自身もダメージを受けます。

ミッションの中断について Edit

アイテム「ひもろぎの木」を使用すれば、アムリタを失うことなくミッションを中断できる。

ひもろぎの木」がない場合は、アイテム「ひもろぎの欠片」を使用する。
ただし、使用すると所持しているアムリタをすべて失う。
中断する時は、アムリタを能力開発などでなるべく消費してから中断しましょう。
また高難易度のミッションがクリアできなくても血刀塚などで装備だけ集めて持ち帰る事は可能だ。

弓や銃でのヘッドショット Edit

フィールドにいる敵は弓や銃でヘッドショットする事により大ダメージを与えることが出来る。
なお弓は兜や面などの防具をつけている相手だとダメージが発生しない(検証不足なので間違いかも・・・)で防具が外れるが、
銃だと兜や面をつけていてもしっかりとダメージが入る。(減少されているかは未確認)
尚、人型ボスは兜をしていても問題なくヘッドショットができる。

自分が落下しそうになったら Edit

自分が落下しそうになりキャラクターが必死にバランスをとっている間に×ボタンで体制を立て直すことができる。
体制を立て直さずにいると落ちてしまう。

死んでも守護霊を呼び戻すことができる Edit

死亡すると守護霊は死亡した場所に留まり、プレイヤーの元から離れます。
当然、守護霊を回収するまで九十九武器の発動はできません。
よってボス戦で死んだ場合は、ボス戦の最中九十九武器を溜めることになってしまいます。
しかし,守護霊を呼び戻せば,九十九武器をためた状態でボス戦に臨むことができる。

守護霊を呼び戻すには、以下の2通りの方法がある.

・アイテム「招霊のろうそく」利用する。
 アムリタを失うことなく守護霊を呼び戻すことができる.

・社のメニューの『呼び戻し』を利用する。
 アムリタを失って守護霊を呼び戻すことができる. 
 守護霊がいない場合、社のメニューの『憑けかえ』が『呼び戻し』に変化している。

九十九発動中に武器を変更すると…… Edit

九十九武器を発動中に、別の武器に変えると一瞬で九十九状態は解除されてしまいます。
誤って変更してしまわないよう気をつけましょう。

防御はどの方向からの攻撃でも防御できる。 Edit

防御は、プレイヤーの向きにかかわらず、防御行動さえとっていれば真後ろからの攻撃でも防御が可能です。

敵の気力を一気に削りきる。(混沌やられ) Edit

敵に属性異常を二種類同時に付与すると、紫色のオーラと共に敵の気力が一気にゼロになる”混沌やられ”の状態になる。

九十九武器中の納刀 Edit

九十九武器中にR+○の納刀動作をすると、九十九を強制解除できる。
サムライの道などでは、アムリタゲージの蓄積が
悪いくせに効果時間が短いため、
道中に発動し、周りに敵がいないなら、さっさと解除した方が良い。

武功の引き継ぎ Edit

セーブデータがある状態で、new gameをすると、
新たに別のデータを作れる。
IDは1つなので、武功と所属武家を最序盤から引き継げる。
(日本時間で、午後3時にならないと更新されない。)
そのため、ある意味強くてnew gameとなる。

九十九武器開放時のカメラワーク Edit

九十九武器を開放すると、カメラワークが切り替わる。
但し、攻撃動作中などに九十九武器を発動すると
カメラワークは切り替わらない。
そのため、画面が見えづらくなって困る場面では、
攻撃動作中に変えるとよい。

武器・防具無効化の特殊効果の発動について Edit

武器の特殊効果には「武器・防具無効化」が存在する。これが発動するのは近接攻撃をヒットさせた時である。それには「刀の逆波」、「鎖鎌の八重垣」、「旋棍の金城湯池」も含まれる。

硬直時の構えの変更 Edit

構えの変更は、武技やアイテムの使用中などのコマンド入力を受け付けない時間でも実行可能である。構えによって回避行動が変わるため、慣れれば戦法の幅が広がる。特に武技中の変更は重要。仁王には残心・天、人、地があるため、最大残心時のメリット効果を任意に得ることが可能。敵を気力切れにできそうなら上段構えからの残心・天、攻撃を受けそうなら残心・人からのガードなど。

ガードの気力消費について Edit

ガード時に攻撃を受けると気力を消費する。但し、ガードの気力の消費量は毎回同じではない。基本的に、ガードを押しっぱなしで攻撃を受けた時の気力消費は大きい。更にガードを続けて連撃を受けると気力の消費量が大きくなる。一方で、直前ガードに近いタイミングでガードすると気力の消費が少ない。これは特殊効果「直前ガードで気力回復」がなくても該当する。また、敵の攻撃と攻撃の間に一度ガードボタンを離すと気力の消費量が低下する。

詳細な数値はないが、100回程同じボス相手に戦っていると、ガード時の気力消費量が毎回同じにならなかった。

現在検証中だが、小海坊主の物理攻撃では毎回固定の気力消費量。立花宗成の虎走りはタイミングで消費する気力が変動する(直前ガードに近いタイミングで20ぐらい、ガード押しっぱなしで80ぐらい)。人間の武技限定?

完全背後ボーナス Edit

背後から敵に攻撃を当てると、与えるダメージが増加する。更に、完全に敵の真後ろから攻撃を与えると、以下のボーナスを得られる。
妖鬼やなまはげなどに、気づかれていない状態で真後ろに攻撃を当てると一回怯む。検証の結果、組討ちか透っ破抜きのみ。
・人型ボスの一部は、ガード体勢に移行できなくなる。但し間を空けるとすぐに解除される。利用方法の一例として、槍の磊落をの最終段を確定で入れることができる、鎖鎌の上段構えの速い攻撃を全段入れることができるなど。

完勝せし者の称号について Edit

称号の一部には、ボスから特定のステージにおいてノーダメで倒すと完勝せし者の称号が手に入る。ノーダメとは「対象となっているボスからダメージを受けない」を満たせばよい。そのため、九十九武器中の被弾はOKだったり、逢魔が原においてガシャドクロ以外の雑魚敵からの攻撃は影響なかったりする。豊臣秀頼については、前半形態からのダメージは問わないと考えられる(前半形態でダメージ、後半形態でノーダメで完勝せし者の称号が手に入った)。

九十九武器発動中の常世消失効果 Edit

九十九武器中において、消すことが可能な常世は接近するだけで常世を消すことができる。そのため、気力切れの妖怪に対して、気力切れ復帰時の常世出現も一瞬で消すことが可能。その場合、鎖鎌の藪切などで攻め続けると、敵は気力を回復することができなくなる。その結果、一方的な虐殺が可能になる。

火属性やられの状態異常時間を短くする方法 Edit

火属性やられになると、継続ダメージを受ける。だが、回避行動(ステップorローリング)をすることで状態異常の時間を短くすることができる。但し、これは敵も同じことができる。

旋棍で人型ボスをハメる Edit

主に二周目から。全ての人型ボスに通用するわけではないが、通用する相手にはもはやチート級の技。但し、いろいろと下準備がいる。気力切れの相手に上段構えの速い攻撃三連撃からの推突をするだけ。敢えて組み討ちをしない。上手くいくとこちらの四連撃で永遠に敵が気力切れ状態になる。普通にするだけでは気力を削れなかったり、こちらの気力が切れてしまうので、御神水、封気符、陽の刹那、崩しを高めた旋棍、副守護霊に焔虎などの準備が必要。封気符が切れそうになったら、敵を殴って気力切れにしたタイミングで封気符を当て、敢えてダウンさせてからの再度ループ。陽の刹那があるなら、陰陽術の「召●符」と組み合わせて混沌やられが狙える。人型の混沌やられは受けるダメージと気力ダメージが増加なので、ダメージが加速していく。

ムジナの使用武器について Edit

宝箱から出現するムジナの武器は「近接武器1」が選択される。出現させた時に装備していた武器ではない。そのため近接武器2に刀、近接武器1に斧を装備しておくとカウンターがしやすい。正直、利用価値はない。
「近接武器1」の装備を外してムジナを出現させると、ムジナが素手で出現するのでムジナの火力を大幅に削ぐことが可能。

小ネタ Edit

一点物のレアな装備品 Edit

打ち直し・焼き直しなどでは付与できない特殊効果が付いた装備品が存在する。
これらは特定の場所・方法で一度だけ入手できる。
分解・売却などしてしまうと再入手は不可能、どうしても欲しければ新しいキャラデータを作って最初からやり直すしかない。

これらの装備品を1周目では取らずに2周目以降に持ち越す事もできるが、
装備品のレベルが上がるだけで希少度や特殊効果の数値は変わらないのであまり意味はない。

最重要 栄螺形兜 Edit

穢土の城の竜之進に一定数の糞玉を渡すと貰える兜。
「包囲状態の近接攻撃ダメージ AAA+」という特殊効果が付いている。
これはこの兜と退かざる者5つ揃え(A+)にしか存在しない効果。
活かせる状況は限られるが効果は非常に高い。詳しくはこちら

他に「敵から狙われやすくなる B+」という一部の装備品の固有効果でしか存在しないものと
「対毒 +15」という通常よりも高い数値のものも付いているが、これらには大した価値はない。

ビルドによっては有用かもしれないもの Edit

一点物ではあるが、価値のないもの Edit

ハシゴを上っている間に攻撃を受けると落下する。 Edit

自分がハシゴを上っているときに攻撃を受けるとハシゴから落下してしまう。
弓などの攻撃でも落下してしまうので、ハシゴに上る時は周囲に敵が居無い事を確認しましょう。

河童に尻子玉を抜かれる? Edit

ステージ内で稀に出現する河童、倒すと割とレアな素材や装備を落とすが、河童の近くで気力切れを起こすと尻子玉を抜かれる演出を見る事ができる。
ダメージはそこまで高くないので興味がある人はぜひ見てみよう。

妖怪図鑑について Edit

アムリタの記憶の中に妖怪図鑑が有り、今まで倒した妖怪のプロフィールを確認することができる。
弱点や耐性も乗っており攻略の参考になるかも・・・

奉納について Edit

奉納で武器・防具を奉納していると突然道具袋におまけの品が入れられることがある。消耗品なので遠慮なく使おう。

克金耐性(?) Edit

悟りの道には克金符を掛けると逆に防御力が上がる敵が存在する。
白い鎧のアイコンが付いている敵がそうである。
特殊効果「矢弾命中で防御力減少効果付与」の効果を発動させた場合も同様に防御力が上がる。

title

左が克金符で防御が上がる白い鎧のアイコン
右が金剛符などの通常の防御力アップのアイコン

Ver 1.18で廃止された模様。

与ダメージに関する仕様 Edit

装備の軽さ、術力 Edit

装備の特殊効果や揃え効果などとは関係なく、標準で備わっている仕様として装備の軽さや術力に応じてダメージが増加するようになっている。

忍術・陰陽術・属性の与ダメージ Edit

プラス値のついた装備品を身に付けていると忍術・陰陽術・武器に付与された属性による与ダメージが増加する。
身に着けている装備品の中で最も高い値でダメージが決まる。
どの部位に装備しているかは関係なく、また複数装備していても合算はされない。

プラス値+1+2+3+4+5+6以上
増加率(%)4.08.012.016.020.040.0

幸運と装備ドロップの関係について Edit

幸運が良い程、レアリティの高い装備をドロップする。但し、これが該当するのは「プレイヤーが直接倒した敵のみ」である。つまり、NPCや火の継続ダメージで敵を倒す、ターゲットを倒してミッションクリアした時に残っている敵の自然消滅には適用されず、装備ドロップの質がかなり悪くなる。但し、そのことが顕著になるは四周目以降の神宝をドロップし始める段階である。

エンドレス製法書 Edit

修行場のボスの一部は製法書をドロップする。製法書を手に入れた状態で再度同じボスに挑むと、何故か製法書を再度入手できる。これは修行場にアイテムを持ちこめないため、未所持扱いとなるためと考えられる。この仕様のため、製法書を仮に消失しても再入手可能と考えられる。但し、鍛冶屋に渡すと入手フラグ自体が消失する。また、いくつ入手しても製法書の所持数は一つのまま。

丸目長恵は兵法天下一の鉢巻をドロップしない? Edit

丸目がドロップする装備品は最大で8つ。その内訳は
 (1) タイ捨流木剣
 (2) 兵法天下一の衣
 (3) 兵法天下一の手甲
 (4) 兵法天下一の袴
 (5) 兵法天下一の下駄
 (6) 弓 (種類ランダム)
 (7) 装備品 (種類ランダム)
 (8) 装備品 (種類ランダム)
となっており、何故か兵法天下一の鉢巻は固定ドロップとなっていない。
極稀に(7)か(8)の枠で兵法天下一の鉢巻をドロップすることがあるが、
この枠は全種類の武器・防具・小物の中からのランダムなので確率は極めて低い。
低難易度では(8)の枠がそもそも存在せず、最大7つのドロップとなるので確率は更に下がる。

もしかしたら、難易度やミッションによっては仕様が異なる可能性もあるが、
少なくとも仁王の道の転(まろばし)と無間獄130階層の地獄では上記のような仕様となっている。

近接武器を、遠距離武器枠に装備する Edit

修行場に挑む前に、近接武器1を素手に、近接武器2に何かの武器を装備し、遠距離武器1,2の両方に武器を装備して修行場(試したのは武の道・中伝)に行くとバグる。具体的には、近接武器2に装備した武器が遠距離武器1の枠に装備される。ちなみにメリットはないが、現在致命的なデメリットも確認されていない。グラフィックも、足元に武器が浮いているし、遠距離武器を使えるわけでもない。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • -- 2019-11-09 (土) 05:10:00
お名前:



このエントリーをはてなブックマークに追加


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS