編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2020-12-02 (水) 12:06:23
トップページ / FAQ / 小ネタ・小技

小技 Edit

アムリタゲージについて Edit

アムリタを取得することで九十九武器を使うためのアムリタゲージが溜まりますが、このアムリタゲージは霊石系のアイテムでアムリタを入手した時にも取得できます。
ボスの前で後少しでアムリタゲージが溜まる状態の時などに活用しましょう。

ハシゴは急いで登れる Edit

ハシゴを上っている最中は×ボタンを押し続ける事で気力を消費して通常よりも早く昇降が事ができます。
下る時はスティック操作なしで×ボタンだけでも下れます。

落下攻撃・落下ダメージ Edit

高い所から落ちる時に攻撃ボタンを押すことで落下攻撃が可能です。
範囲が割と広いですが外すと大きな隙を見せる事になるのでよく狙いましょう
また、高所から落ちると高さに応じて自身もダメージを受けます。

ガードしながらステップ Edit

本作はガードしながらステップやローリングができます。
敵のコンボを食らったらガードしながら攻撃を受け止めると同時にステップして抜けるとよいです。
なお本作では敵のコンボ中にステップやローリングで抜けることができないので、
敵のコンボ中に×ボタンを連打してもステップやローリングせず棒立ちで攻撃を食らい続けるので注意。
また変わり身の術が発動したあとは、着地の瞬間はステップがロリに化ける&敵が超反応で着地狩りをしてくるので、
敵の攻撃タイミングに合わせてガード→ステップで離脱しましょう。

ミッションの中断について Edit

アイテム「ひもろぎの木」を使用すれば、アムリタを失うことなくミッションを中断できる。
ひもろぎの木」がない場合は、アイテム「ひもろぎの欠片」を使用する。
ただし、使用すると所持しているアムリタをすべて失う。
中断する時は、アムリタを能力開発などでなるべく消費してから中断しましょう。
また高難易度のミッションがクリアできなくても血刀塚などで装備だけ集めて持ち帰る事は可能だ。

弓や銃でのヘッドショット Edit

弓や銃で頭を狙って当てることで非常に大きなダメージを与えることが出来る。
ただし弓は兜や面などの防具をつけている防具が外れるだけでダメージは入らないが、銃だとダメージがしっかり入る。
人型ボスは兜越しでも問題なく弓でヘッドショットができる。

自分が落下しそうになったら Edit

自分が落下しそうになりキャラクターが必死にバランスをとっている間に×ボタンで体制を立て直すことができる。
体制を立て直さずにいると落ちてしまう。

奉納について Edit

奉納で武器・防具を奉納していると突然道具袋におまけの品が入れられることがある。消耗品なので遠慮なく使おう。

死んでも守護霊を呼び戻すことができる Edit

死亡すると守護霊は死亡した場所に留まり、プレイヤーの元から離れます。
死亡時に所持していたアムリタは守護霊の元に置かれ、守護霊を回収することで一緒に取り戻せます。
当然、守護霊を回収するまで守護霊の恩恵は受けられず、九十九武器の発動もできません。
守護霊を呼び戻すには以下の方法がある.

九十九発動中に武器を変更すると…… Edit

九十九武器を発動中に、別の武器に変えたり納刀すると一瞬で九十九状態は解除されてしまいます。
誤って変更してしまわないよう気をつけましょう。
逆に敵を倒した直後に九十九状態を解除することで、吸収するアムリタを再使用の回復分に回すこともできます。
サムライの道などでは、アムリタゲージの蓄積が悪いくせに効果時間が短いため、
道中に発動し、周りに敵がいないなら、さっさと解除した方が良い。

防御はどの方向からの攻撃でも防御できる。 Edit

本作のガードは全方位ガードです。
防御は、プレイヤーの向きにかかわらず、防御行動さえとっていれば真後ろからの攻撃でもガードが可能です。

火属性やられの状態異常時間を短くする方法 Edit

火属性やられは回避行動(ステップorローリング)をすることで状態異常の継続時間を短くすることができる。
これは敵の回避も同じ。

敵の気力を一気に削りきる。(混沌やられ) Edit

敵に属性異常を二種類同時に付与すると、紫色のオーラと共に敵の気力が一気にゼロになる”混沌やられ”の状態になります。
人型の混沌やられは受けるダメージと気力ダメージが増加します。
妖怪の混沌やられは気力が常にゼロ扱いでほぼすべての攻撃で敵が怯むので、こちらが一方的に攻撃することができます。

武功の引き継ぎ Edit

セーブデータがある状態で、new gameをすると、
新たに別のデータを作れる。
IDは1つなので、武功と所属武家を鬼の棲む島クリア直後から引き継げ、隠世の茶室も使用可能になる。
そのため、ある意味強くてnew gameとなる。

九十九武器開放時のカメラワーク Edit

九十九武器を開放した時にカメラワークがぐるぐるする独特な演出が出るのは、そのエリアに入って初めて九十九武器を使った時。
二度目以降に九十九武器を使ったときはカメラワークが切り替わらない。
そのため、画面が見えづらくなって困る場面では、あらかじめ最初の九十九武器発動を済ませておくとよい。

武器・防具無効化の特殊効果の発動について Edit

武器の特殊効果「武器・防具無効化」が発動するのは近接攻撃をヒットさせた時である。
刀の「逆波」、鎖鎌の「八重垣」、旋棍の「金城湯池」、陰陽術の「飛剣符」にも適用される。

硬直時の構えの変更 Edit

構えの変更は、武技やアイテムの使用中などのコマンド入力を受け付けない時間でも実行可能である。
構えによって回避行動が変わるため、慣れれば戦法の幅が広がる。
武技中の変更もできる。仁王には残心・天、人、地があるため、最大残心時のメリット効果を任意に得ることが可能。
敵を気力切れにできそうなら上段構えからの残心・天、攻撃を受けそうなら残心・人からのガードなど。

居合で段差を越える Edit

刀の居合や二刀の十文字などは、位置とタイミングを合わせると
多少の段差なら超えることが出来る(厳島のボス手前にある正方形の土台など)。
攻略で活かせる場所は少ないが、もし遠回りするのが面倒な場合は使ってみるとよいかも。

ガードの気力消費について Edit

ガード時に攻撃を受けると気力を消費する。但し、ガードの気力の消費量は毎回同じではない。

隠し仕様として、刀装備かつ逆波習得時に、逆波が発動しない攻撃を直前ガードすると気力消費が大幅に低減する。
対人間だけでなく、妖怪相手でも気力減衰が発生する。
鎖鎌の八重垣も同様(立花宗茂の虎走りが通常ガードで114の気力減少→10の気力減少に変化)。
トンファーの金城湯池でも適用されるかは未検証。

ちなみに、理屈は上記スキルを所持した状態で直前ガードに成功すると、ガードではなく「ガードの性能を持った逆波」が発動するため。要はガードの気力消費計算ではなく、武技の気力消費計算が行われるためである。
(アップデートでも修正されなかったため、おそらくコーエー公認の仕様)

完全背後ボーナス Edit

背後から敵に攻撃を当てると、与えるダメージが増加する。
更に、完全に敵の真後ろから攻撃を与えると一部の人型ボスは、ガード体勢に移行できなくなる。但し間を空けるとすぐに解除される。
利用方法の一例として、槍の磊落をの最終段を確定で入れることができる、鎖鎌の上段構えの速い攻撃を全段入れることができるなど。

完勝せし者の称号について Edit

本編の特定のステージにおいてボスをノーダメージで倒すと完勝せし者の称号が手に入る。
明確な条件は「対象となっているボスからダメージを受けない」なので、九十九武器中の被弾や
落下ダメージ・逢魔が原のガシャドクロ以外の雑魚敵からの攻撃などは影響ない。
但し追加ミッション(二つの影など)ではダメージが0でも被弾した瞬間に称号チャレンジが失敗扱いとなる。
豊臣秀頼については、前半形態からのダメージは問わないと考えられる(前半形態でダメージ、後半形態でノーダメで完勝せし者の称号が手に入った)。

九十九武器発動中の常世消失効果 Edit

九十九武器中において、消すことが可能な常世は接近するだけで常世を消すことができる。
気力切れ復帰時の常世出現も消すことが可能。
鎖鎌の藪切などで攻め続けると敵は気力を回復する前に気力を0にすることが出来、何もさせずにはめ殺すことが可能になる。

九十九武器中にコンボ系武技を出す Edit

九十九武器中に足蹴千鳥などの「コンボの後に強攻撃ボタン」の武技を出そうとしても、
強攻撃や浮空槍の方が出て技が発動しない。
しかし以下の行動後に強攻撃ボタンを押すと、九十九武器中でも「コンボの後に強攻撃ボタン」武技を出来るようになる。

また大太刀と旋棍はロリ攻撃or硬直の短い武技の直後に強い攻撃ボタン→速い攻撃ボタン、と押すことで
紅蓮などの「コンボの後に速い攻撃ボタン」の武技を出すことが出来る。

この裏技を使うことで、本来は九十九武器中に出せない螺旋風紅蓮灰燼などの
強力な武技を使うことが出来、無間獄のボス戦などで非常に役に立つ。

なお九十九武器中のローリングは、xボタンを2回連打することで出せる。

九十九武器中に構えを変更する Edit

大太刀の場合、上述のコンボ系武技を出す裏技の時に朝風・天朝風・地などを使うことで、
本来九十九武器状態では中段構え固定になるはずが、上段/下段構えで九十九武器を使うことが出来る。
但し武器モーションは中段構えのものと同じで、メリットはせいぜいステップ動作が変更になることと、
九十九武器中に釣瓶月が使用できるようになるくらい。
大太刀の九十九攻撃は通常攻撃ブンブンや雪月花ごり押しの方が強く、
火力面での構え変更のメリットは正直微妙。

また大太刀以外では構え変更ができない模様。

人型ボスをハメる Edit

気力切れの相手に攻撃して強制的に起こす→気力削りの大きい攻撃を当てる、の連発で
延々と敵を気力切れ状態にすることができる。
全ての人型ボスに通用するわけではないが、通用する相手にはもはやチート級の技。
例えば旋棍なら上段構えの速い攻撃三連撃からの推突など。組み討ちはしない。
上手くいくとこちらの四連撃で永遠に敵が気力切れ状態になる。
なお敵の気力を削り切れない、こちらの気力が切れてしまうなどの対策として、
往年の名軍師5つ揃えや兵法天下一5つ揃えなどで気力ダメージを上げる、御神水、封気符、陽の刹那、崩しを高めた武器、
副守護霊に焔虎などの準備があるとよい。
封気符は切れそうになったら、敵を殴って気力切れにしたタイミングで封気符を当て、ダウンさせてからの再度ループ。
陽の刹那があるなら、陰陽術の「召●符」と組み合わせて混沌やられが狙える。
人型の混沌やられは受けるダメージと気力ダメージが増加なので、ダメージが加速していく。

ムジナの使用武器について Edit

宝箱から出現するムジナの武器は「近接武器1」が選択されるため、
素手状態で開ける→登場後メイン武器に切り替え、で格段に戦いやすくなる。

ちなみに、ムジナが入っている宝箱の見分け方は、ムジナのページを参照。

大橋の戦いのハメ技 Edit

大橋の戦いでは敵から攻撃を一切されずに一方的に攻撃することができる。
やり方は、敵キャラクター/ボス/弁慶に気付かれない距離から遠隔攻撃を当て障壁が出現するまでに障壁外へ移動するだけである。
これによりプレイヤーと敵が障壁の内と外で分断され敵はこちらに向かって走ってくるのみで一切攻撃しない。
こちらの攻撃は当たるので一方的にタコ殴りにでき高難易度での稼ぎ周回などが楽にできる。

マルチプレイ時のレベルシンクについて Edit

マルチプレイ時のレベルシンクは、キャラレベルではなく到達ミッションレベルが基準となっている。
(無間獄の進行階層も影響する?)
そのため、ホストが高レベル・まれびとがレベル1の場合でも、まれびとの進行状況によっては
「まれびとがレベル1なのにレベルシンクがかかる」というシチュエーションが発生する。

小ネタ Edit

一点物のレアな装備品 Edit

打ち直し・焼き直しなどでは付与できない特殊効果が付いた装備品が存在する。
これらは特定の場所・方法で一度だけ入手できる。
分解・売却などしてしまうと再入手は不可能、どうしても欲しければ新しいキャラデータを作って最初からやり直すしかない。

これらの装備品を1周目では取らずに2周目以降に持ち越す事もできるが、
装備品のレベルが上がるだけで希少度や特殊効果の数値は変わらないのであまり意味はない。

最重要 栄螺形兜 Edit

穢土の城の竜之進に一定数の糞玉を渡すと貰える兜。
「包囲状態の近接攻撃ダメージ AAA+」という特殊効果が付いている。
これはこの兜と退かざる者5つ揃え(A+)にしか存在しない効果。
活かせる状況は限られるが、百人組手など数の暴力面では非常に有用。詳しくはこちら
なお「敵から狙われやすくなる B+」と「対毒 +15」(通常よりも高い数値のもの)は大した価値はない。

ビルドによっては有用 Edit

その他の一点物 Edit

ハシゴを上っている間に攻撃を受けると落下する。 Edit

自分がハシゴを上っているときは空中状態扱いなので、攻撃を受けるとハシゴから落下してしまう。
弓などの攻撃でも落下してしまうので、ハシゴに上る時は周囲に敵がいない事を確認しましょう。

河童に尻子玉を抜かれる? Edit

河童の近くで気力切れを起こすと尻子玉を抜かれる演出を見る事ができる。
ダメージはそこまで高くない。

妖怪図鑑について Edit

アムリタの記憶の中に妖怪図鑑が有り、今まで倒した妖怪のプロフィールを確認することができる。
弱点や耐性も乗っており攻略の参考になるかも・・・

最新バージョンでは使用不可 Edit

+  折りたたみ

与ダメージに関する仕様 Edit

装備の軽さ、術力 Edit

装備の特殊効果や揃え効果などとは関係なく、標準で備わっている仕様として装備の軽さや術力に応じてダメージが増加するようになっている。

裸状態の攻撃力について Edit

一見裸状態の攻撃力ボーナスは魅力的に見えるが、結論から言うと後述の検証の通り
裸状態の攻撃力はサムライの道の九州編(つまり最序盤)の時点で揃え効果を利かせた装備あり状態を下回る。

(遠距離武器に「防具の無い部位に応じてダメージ増加」や「敏捷に応じてダメージ増加」をつけない場合)

装備重量速い攻撃居合い
完全裸
(小物なし)
0.04331384
裸状態
(小物あり)
0.24321382
往年名軍師5つ揃え籠手無し
(平均レベル24、近接ダメージ+9.4%)
7.44381402
往年の名軍師5つ揃え+弓取りの籠手
(平均レベル24、近接ダメージ+9.4%)
8.74341386
西国無双の兜+籠手+弓+サブに波遊ぎ兼光
(平均レベル24、近接+10.4%)
8.04401405
上記の籠手OPに
「防具の無い~増加A-」
8.04651487

(遠距離武器に「防具の無い部位に応じてダメージ増加」や「敏捷に応じてダメージ増加」をつけた場合)

装備重量速い攻撃居合い
完全裸+弓矢に
「防具の無い~増加A」
0.04721508
完全裸+弓矢に
「敏捷に~増加A」
0.04981591
上記の往年名軍師5つ揃え籠手無し
+弓に「敏捷に~増加A」
7.45041609
上記の往年の名軍師5つ揃え+弓取りの籠手
+弓に「敏捷に~増加A」
8.74991594
上記の西国無双の兜+籠手+弓+波遊ぎ兼光
+弓に「敏捷に~増加A」
8.05061616
上記の籠手OPに「防具の無い~増加A-」
+弓に「敏捷に~増加A」
8.05351710

なお防具装備状態なら防具のオプションに重さ軽減や「〇〇(アムリタ吸収など)で攻撃力増加」をつけたり
籠手のオプションに「攻撃力」をつけたりするとダメージがさらに上がる。
防具オプションが利かなくなる裸状態は、そうした面でも辛い。
装備レベルが上がる(=近接ダメージボーナス等が上昇する)後半・高周回になるにつれ、攻撃力格差は広がる一方。
レベルに関わらず、素直に防具を装備しましょう。

忍術・陰陽術・属性の与ダメージ Edit

プラス値のついた装備品を身に付けていると忍術・陰陽術・武器に付与された属性による与ダメージが増加する。
身に着けている装備品の中で最も高い値でダメージが決まる。
どの部位に装備しているかは関係なく、また複数装備していても合算はされない。

プラス値+1+2+3+4+5+6以上
増加率(%)4.08.012.016.020.040.0

幸運と装備ドロップの関係について Edit

幸運が良い程、レアリティの高い装備をドロップする。
但し、これが該当するのは「プレイヤーが直接とどめを刺した敵のみ」である。
つまり、NPCやまれびとや火の継続ダメージで敵を倒す、クリアした時に残っている敵の自然消滅には適用されず、
こうした倒し方だと装備ドロップの質がかなり悪くなる。
特に幸運特化装備や所属家紋が古田・蒲生・村上の時や、四周目以降の神宝ドロップ狙いの時などに顕著。

エンドレス製法書 Edit

修行場のボスの一部は製法書をドロップするが、製法書を手に入れた状態で鍛冶屋に渡さずに
再び同じボスを倒すと、なぜか同じ製法書を再度ドロップすることがある。
これは修行場にアイテムを持ちこめないため、未所持扱いとなるためと考えられる。
この仕様のため、製法書を仮に消失しても再入手可能と考えられる。
但し、鍛冶屋に渡すと入手フラグ自体が消失する。また、いくつ入手しても製法書の所持数は一つのまま。

丸目長恵は兵法天下一の鉢巻をドロップしない? Edit

丸目がドロップする装備品は最大で8つ。その内訳は
 (1) タイ捨流木剣
 (2) 兵法天下一の衣
 (3) 兵法天下一の手甲
 (4) 兵法天下一の袴
 (5) 兵法天下一の下駄
 (6) 弓 (種類ランダム)
 (7) 装備品 (種類ランダム)
 (8) 装備品 (種類ランダム)
となっており、何故か兵法天下一の鉢巻は固定ドロップとなっていない。
極稀に(7)か(8)の枠で兵法天下一の鉢巻をドロップすることがあるが、
この枠は全種類の武器・防具・小物の中からのランダムなので確率は極めて低い。
低難易度では(8)の枠がそもそも存在せず、最大7つのドロップとなるので確率は更に下がる。

もしかしたら、難易度やミッションによっては仕様が異なる可能性もあるが、
少なくとも仁王の道の転(まろばし)と無間獄130階層の地獄では上記のような仕様となっている。

近接武器を、遠距離武器枠に装備する Edit

修行場に挑む前に、近接武器1を素手に、近接武器2に何かの武器を装備し、遠距離武器1,2の両方に武器を装備して修行場(試したのは武の道・中伝)に行くとバグる。具体的には、近接武器2に装備した武器が遠距離武器1の枠に装備される。ちなみにメリットはないが、現在致命的なデメリットも確認されていない。グラフィックも、足元に武器が浮いているし、遠距離武器を使えるわけでもない。

人間系エネミーの降伏 Edit

残党退治など、人間系ボスを倒すと終了するマップで取り巻きがいる間にボスを倒すと、取り巻きがその場で土下座する。
この状態になると当たり判定の一切が消失するため、倒してアムリタやアイテムを手に入れることはできなくなる。

隠世の茶室の絵図の掛け替え Edit

隠世の茶室の後ろに飾ってある絵図は掛け替えることが出来る。
絵図は、狂気の画仙でクリア時に入手できる。
金色仁王絵図と真田丸戦場絵図の二種類あり、道中の怨霊鬼を倒したか否かでどちらが手に入るか変わる。
これを所持した状態で弾正と話をするを選択すると絵図を掛け替えれるようになる。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • -- 2019-11-09 (土) 05:10:00
  • 裏技発見?既出かもだけど、
    裏技みたいなの発見した〜
    佐和山のサムライでしか成功してないけど、天井にぶら下がってる
    派手なスライムに大筒でぶち込んで壁の中に押し込むと量は微量だけど
    アムリタほぼ無限♾?に放出される〜場所移っても大丈夫みたい。
    色々検証開始中〜 -- ウンコ? 2019-12-20 (金) 01:12:31
  • (笑)YouTube調べたらあった(笑)
    朝まで放置や… -- ウンコ? 2019-12-20 (金) 01:31:11
    • 動画を観ながらやってみましたがうまくいかんです。大筒を当てると撃墜してしまう。 -- 2019-12-20 (金) 11:10:00
お名前:



このエントリーをはてなブックマークに追加