編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2019-06-08 (土) 08:15:15
トップページ / 敵キャラクター / 強敵 / 大入道

大入道 Edit

title
title

基本情報 Edit

名前出現場所種類固有・レアドロップ弱点耐性備考
大入道妖怪

攻略情報 Edit

戦術的攻略 Edit

攻撃パターン Edit

・左フック
近距離で出してくる。回り込もうとすると引っかかってしまうので注意。

・右フック→左フックの2連撃
近距離で出してくる。回り込もうとすると引っかかってしまうので注意。

・掴み攻撃
両手に属性を纏わせて、両手で掴みかかってくる。捕まると大ダメージは必至なので捕まらないように気をつけよう。

・舌の直線攻撃
遠距離の時、属性のついた舌で正面に伸ばして攻撃してくる。このとき距離を取るだけだと当ってしまうので、左右への回避で対処しよう。

・舌の薙ぎ払い攻撃
遠距離の時、属性のついた舌で薙ぎ払い攻撃してくる。純粋に距離を取るかガードして防ごう。

・突進攻撃
前傾姿勢をとってからこっちに突進してくる。このとき壁や柱に突っ込ませると、気力がゼロになる。

戦略的攻略 Edit

一対一であれば、殴り→舌による横方向なぎ払い→構えからの突進を待つのが楽。突進の構え中には銃口補正が働くため、壁方向に向けてゴッツンコさせれば気力切れにできる。但し、確定行動ではないため気長に待つ必要がある。また、殴りを誘発させる関係上、正面かつ密着を維持する必要がある。殴りからの横方向誘発のためには、殴りを横回避で避けると確率が上がる?

普通に戦うには微妙に隙が少ない。正確には、溜めを伴う武技をする隙が少ない。地道に削れば負けはないが、面倒。

耐性属性以外に対してはそこそこ弱い耐性である。そのため、属性攻撃により案外簡単に属性やられにできる。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 初手左の単発パターンのフックは正面かやや左側にいる時には使うが使用頻度は低いというか反応が鈍い
    これを利用して大入道の左手側へダッシュするとなぜか右フックをスカるので安全に背後が取れる
    そして舌による範囲薙ぎ払いは必ず時計回りのため、背後を薙ごうとする舌よりちょっと時計回りするだけで舌が届かないまま背後をとり続けられる
    上手くいけば回避一切せずに避け続ける事も可能

備考 舌薙ぎ払いの攻撃範囲決定は攻撃発生一秒前の自分の立ち位置なのでモーション開始から全力で時計回りすると一回転以上薙ぎ払う大入道が見られる
これはマルチでやる場合に非常に危険なので注意 -- 2017-08-15 (火) 21:10:16

お名前:



このエントリーをはてなブックマークに追加


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS