編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2018-03-25 (日) 06:02:12
トップページ / データ / スキル / 大太刀スキル / 逆水

逆水 Edit

<スキルタイプ>
武技
地面に刺した大太刀の刀身を蹴り上げ勢い良く斬りつける。この攻撃によって敵の気力を削りきると相手を打ち上げることができる。
<コマンド>
L1+△(ガード中△)

スキル習得情報 Edit

LVその他習得条件必要なサムライスキル備考
-3
-0
-0

スキル使用指南 Edit

突いてからの大太刀で打ち上げる二連撃。
武技単体で見ると、あまり強くない。
気力を削るなら轟雷、ダメージなら雪月花で十分である。
敵を打ち上げるには、逆水の二段目で気力切れにしないといけない。
上段構えなら、打ち上げ中に強い攻撃でダメージを与えられる。
そのまま抜即斬で高ダメージを狙える。
技の性質上、人型エネミー向け。
妖怪には使いづらい。


地味に気力消費が少なく、1回入力の2回攻撃。
但し、二連撃が出るまで回避できない。

轟雷と違い、スーパーアーマーがないため、
轟雷程使い勝手はよくない。

先出しするには射程距離が短い。そこは注意した方がよい。
敵の構えを見て、速くないならガードした後に刺し込むと使いやすい。
轟雷程気力削りがないとはいえ、そこは大太刀であるため
結構削れる。この後に、下記にある上段構えの強い攻撃をすると
敵の気力はほとんど残らない。
また、寝ている相手に逆水をすると、上段構えの強い攻撃の欠点の
攻撃の遅さをカバーできる。



この武技の最大の特徴は、
二連撃後に続けて「速い」もしくは「強い」攻撃を出せることである。
そのため、スキル「朝風・夕風」につなぐことで
絶え間ない連撃を行える。
例えば、上段構え時に逆水→強い攻撃→
夕風からの中段構えの速い攻撃→牛突など、高い気力削り攻撃ができる。

上記の特性から、サムライの道では使い道がある。
上段構え逆水から気力を0にできた場合、
連続で上段構えの強い攻撃が出せてダウンさせることができる。
よほどの気力回復速度のある敵でない場合、回避を許さない。
(打ち上げられなかった場合)
そのまま残心・天をして攻撃力を上げ、抜即斬→追い打ちで
大ダメージを与えられる。

その実態は、バグのような性質を持つ不思議な武技。
おそらく、唯一九十九武器中に他の構えへ移行できる武技。
九十九武器中の逆水からの速い攻撃と強い攻撃は、
通常時と同じ攻撃となるため、夕風・朝風に繋げられる。
しかし朝風・夕風で続けられるコンボには限界がある。

さらにすごいのが、九十九武器中に「釣瓶月」や「虎ひしぎの太刀」を
出せる。虎ひしぎの太刀中の被ダメージのリスクを0にできる。
しかも、構え以降時にガード状態を維持すると、
中段構えに戻らない。つまり、ここからまた逆水を行うこともできる。
上段構えの残心・天を発動したりと奥が深い。
正直この特性のために、もう一度仁王を最初からやりたいぐらいである。

+  大太刀_逆水_九十九武器中に別の構え移行

いろいろ試したが、強者の道までなら、
九十九武器→逆水→中段強い攻撃1段
→上段速い攻撃1段→釣瓶月が
実用に耐えられるコンボであった。
理由として、4回入力の6回攻撃であること、
武技を2回挟むため、禍斗と相性が良いためである。
もっぱら、妖怪向けである。

九十九武器→逆水から別の構えに移行しても、
ガードを維持していれば構えは中段に戻らない。
上段構えに移行したら、ガードもしくはガード歩きを維持し、
ローリングからの回避攻撃をすると隙を減らせる。
回避攻撃時は構えが中段に戻らない。
但し、九十九武器中の回避攻撃には、
「回避攻撃でメリット効果付与」が適用されない。

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/データ/スキル/大太刀スキル/逆水?

お名前:



このエントリーをはてなブックマークに追加


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS